食中毒の予防法|ノロウイルスなどの食中毒の症状と消毒方法を解説
virus

ノロウイルスなどの食中毒を防ごう!消毒はとても大切

食中毒の種類を知ろう!

細菌性食中毒

食中毒の種類の中でも最も多い食中毒です。食中毒の中の約7~9割を占めていると言われています。サルモネラ菌などの原因菌によって引き起こされる感染型と、黄色ブドウ球菌などの原因菌によって引き起こされる毒素型に分けられます。

ウイルス性食中毒

ノロウイルスなどのウイルス感染によって引き起こされる食中毒です。生牡蠣などの食品から、人の手を経由して感染されます。予防するには、手洗いをしっかり行ったり、食品を加熱処理したりして殺菌することが大切です。

化学性食中毒

メリルアルコールや水銀といった有害物質によって引き起こされる食中毒です。農薬や食品添加物が過剰に使用されている場合に引き起こされる場合もあります。食品を買う場合に添加物などをしっかりと確認することが大切です。

寄生虫食中毒

寄生虫食中毒は、その名の通り、寄生虫によって引き起こされる食中毒です。肉や魚を食べる場合は注意が必要です。十分に加熱したり、冷凍をしておけば安心です。生肉を切った後は、まな板をしっかり洗ってから他の食材を切りましょう。

自然毒食中毒

自然毒食中毒は、動物や植物が持っている成分が引き起こす食中毒です。例えば、フグの有毒成分による食中毒が挙げられます。じゃがいもの芽にも有毒成分が含まれているので注意が必要です。動物や植物に関する知識を持っておきましょう。

食中毒の予防法

マスク

食中毒を防ぐために

食中毒は主に細菌やウイルスによって引き起こされます。食中毒を予防するためにも、消毒はしっかり行いましょう。食中毒で有名なのがノロウイルスですが、感染してしまうと下痢や嘔吐などの辛い症状が出てしまいます。料理をする場合は、しっかりと加熱消毒することが大切です。また、保存する場合は冷凍して行うようにしましょう。細菌やウイルスによっては、加熱や冷凍に強い場合もあるので注意が必要です。

調理時は注意しよう

手には多くの細菌が付いています。日頃から手洗いをこまめに行って消毒することが大切です。食中毒は人の手を介して引き起こされる場合があるので、料理を始める前や、食中毒に注意すべき食材を扱った後は特に注意しましょう。生肉や魚を扱ったまな板は、細菌が増殖するので、使用後は放置せず、料理を終えたらすぐに洗っておくことが大切です。

食材の品質の確認を行おう

食中毒は細菌やウイルス以外でも引き起こされる場合があります。日本では食の安全が徹底されていますが、農薬や食品添加物の不正使用などがあった場合は、化学性食中毒を引き起こす可能性があります。食品を購入する場合は、成分表示や産地などをしっかりと確認することが大切です。

広告募集中